中古車市場統計レポート 2020年12月【車選びドットコム】

  1. symphonyホーム
  2. 中古車販売お役立ち情報
  3. 中古車市場
  4. 中古車市場統計レポート 2020年12月【車選びドットコム】

普通自動車の登録台数を発表している「自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)」と、軽自動車の登録台数を発表している「全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)」の統計データをもとに、新車登録台数と中古車登録台数の推移を紹介しています。

2020年12月における自動車登録台数の推移と、中古車情報サイト「車選びドットコム」の販売数推移から、中古車市場の動きを分析してきます。

車選びドットコムでは、中古車販売に特化した中古車販売管理システム「symphony(シンフォニー)」をご提供しております。symphonyを利用すれば一度の広告情報入力で「カーセンサー」や「ヤフオク!」など10以上の広告媒体に掲載することができます。

詳しく見る
Chapter
自動車販売市場の動向(2020年12月)
中古車情報サイトの動向(2020年12月)
symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

自動車販売市場の動向(2020年12月)

2020年は相場が高騰し続け、10月に入ってから高騰は止まったかのような動きを見せました。しかし、11月から相場が低下を始めたかと言うと、そうではありませんでした。全体的に成約率は下降しているものの、平均価格は上昇しているという状態が続いています。2021年もしばらくは高騰が続くと考えられます。

それでは、相場価格の高騰が続く要因は何でしょうか。それは、コロナの影響で移動手段に公共交通機関より車が重視され、消費者の車の手放しが減っていることにあります。コロナが収束し、安全を感じることができない限り、車の手放しは進まないと考えられるでしょう。

自動車販売市場(2020年度)

2020年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 平均
新車登録台数 270,393 218,285 347,372 396,346 326,463 469,706 406,851 411,601 379,896 358,543
前年比 71.4% 55.1% 77.1% 86.3% 84.0% 85.7% 129.2% 106.7% 110.2% 85.4%
中古車登録台数 547,393 437,695 572,840 603,781 524,004 578,208 610,880 531,821 551,726 550,928
前年比 94.5% 80.1% 104.8% 100.3% 101.8% 95.8% 105.3% 101.9% 105.0% 95.4%

中古車情報サイトの動向(2020年12月)

2020年12月の車選びドットコムでの国産車の中古車販売台数は前月から若干減少しましたが、前年比で見ると増加しています。

今月の数値は、2020年全体で見た1ヶ月あたりの平均販売台数を下回っています。また、2020年の中では2番目に販売台数が少ない月になっています。

※過去25ヶ月の自動車販売市場と中古車情報サイト「車選びドットコム」の市場動向を比較しています。
※「車選びドットコム」の市場動向は、加盟店専用レポートからの抜粋のため、詳細数値は非公開としています。

国産車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、国産車の2020年12月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

ボディタイプ別販売割合の順位には変化がなく、2020年の上位5タイプは5月を除くと全て同じボディタイプが同じ位置にランクインする結果となりました。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 軽自動車 41.0% -2.0%
2位 ミニバン / ワンボックス 18.7% +0.5%
3位 コンパクト / ハッチバック 16.2% +0.3%
4位 セダン / ハードトップ 7.1% +0.1%
5位 SUV / クロカン 5.1% +0.8%

車種別販売ランキング

トヨタ・プリウスと日産・セレナが変わらず売上を同ボディタイプ内の人気車種ランキング上位をとっており、2020年内はこの2車種が常に上位にランクインしてました。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 プリウス(トヨタ) (前回1位)
2位 セレナ(日産) (前回3位)
3位 ワゴンR(スズキ) (前回2位)
4位 エブリイ(スズキ) (前回7位)
5位 アクア(トヨタ) (前回6位)
6位 タントカスタム(ダイハツ) (前回4位)
7位 ライフ(ホンダ) (前回13位)
8位 モコ(日産) (前回圏外)
9位 ヴォクシー(トヨタ) (前回11位)
10位 アルファード(トヨタ) (前回15位)

輸入車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、輸入車の2020年12月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

前月から順位に変化はなく、販売割合にも目立った変化がありませんでした。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 コンパクト / ハッチバック 29.8% 0.0%
2位 セダン / ハードトップ 19.3% -0.9%
3位 SUV / クロカン 14.9% +0.1%
4位 ステーションワゴン 14.6% +0.3%
5位 クーペ 11.5% -0.9%

車種別販売ランキング

BMWのミニは1位をキープしましたが、2位以降は入れ替わりが大きく、上位3位は全てBMWとなりました。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 ミニ(BMW) (前回1位)
2位 116i(BMW) (前回19位)
3位 320i(BMW) (前回16位)
4位 500(フィアット) (前回3位)
5位 ゴルフ(フォルクスワーゲン) (前回5位)
6位 ミニクラブマン(BMW) (前回4位)
7位 up!(フォルクスワーゲン) (前回10位)
8位 A4アバント(アウディ) (前回13位)
9位 ミニクロスオーバー(BMW) (前回20位)
10位 ミニ(ローバー) (前回21位)

symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

車選びドットコムでは、symphonyをご利用いただいている加盟店に向けて、月に一度上記のレポートよりも詳細な小売データレポートを発行しています。

目まぐるしく変わる社会情勢に対して、常に変化が求められる昨今。データを分析して高速でPDCAを回して行く必要があります。
車選びドットコムでは中古車情報サイト15年以上の運営実績で蓄積したノウハウを、中古車販売店の皆さまにご提供していますので、気になる方はぜひお問合せ下さい。

中古車販売をされている方へ

中古車販売店の多くが新規集客や単価向上に苦しんでいます。
インターネットの発達でお客様は簡単に価格やスペックを比較できるようになりました。
そんな中で中古車販売店様が利益を上げていくには、「露出アップ」と「車両情報の最適化」が必要不可欠です。また、付帯商品を使って単価向上したり、リピート顧客を確保したりするなど、するべきことがたくさんあります。

車選びドットコムの提供する中古車販売管理システム「symphony」では、車両の在庫管理から広告掲載、販売後の保証やアフターサービスまで、中古車販売に関するあらゆる業務をひとつでご利用することができます。

中古車販売に必要なすべてを
「symphony」で。

お電話でも受け付けておりますので、
お気軽にお問合せください。

0120-122-960
0120-122-960
受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝定休)
ページトップに戻る