【2024年5月最新版】中古車市場統計レポート -5月も中古車相場高騰を維持。しかし秋口にかけて下落見込

  1. symphonyホーム
  2. 中古車販売お役立ち情報
  3. 中古車市場
  4. 【2024年5月最新版】中古車市場統計レポート -5月も中古...

普通自動車の登録台数を発表している「自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)」と、軽自動車の登録台数を発表している「全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)」の統計データをもとに、新車登録台数と中古車登録台数の推移を紹介しています。

2024年5月における自動車登録台数の推移と、中古車情報サイト「車選びドットコム」の販売数推移から、中古車市場の動きを分析していきます。

当社の提供する中古車販売管理システム「symphony(シンフォニー)」では、車両の仕入から広告掲載、販売後のアフターサービスまで、これ一つで管理して頂けます。

詳しく見る
Chapter
自動車販売市場の動向(2024年5月)
中古車情報サイトの動向(2024年5月)
symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

自動車販売市場の動向(2024年5月)

2024年5月の新車登録台数は前月比100.7%、中古車登録台数は前月比97.3%となりました。新車・中古車ともに例年5月は4月に比べて減少する傾向にありましたが、2024年度は新車の登録台数が前月よりも増加しました。6月は5月よりも新車の登録台数が増加する傾向にあるため、さらなる増加が見込まれます。

また前年比を見てみると、新車登録台数は前年比95.6%、中古車登録台数は104.8%となっています。新車の登録台数は2024年に入ってから前年比80〜90%ほどで推移していましたが、5月は95.6%と回復傾向にあります。

自動車販売市場(2024年度)

2024年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 平均
新車登録台数 310,345 312,406 311,376
前年比 88.8% 95.6% 92.1%
中古車登録台数 540,648 525,853 533,251
前年比 104.2% 104.8% 104.5%

2022年にあった中古車相場高騰のピークに似た状態が現在も続いています。相場高騰に伴い、最近ではオートオークションでの一対一の競り上がり件数が増加しているようです。今までも希少価値の高い車両の場合に発生していましたが、最近は弾不足も影響し、希少車以外でも競り上がりとなるケースがあるようです。

今後の市場展望ですが、当社が調査を行った結果、6月以降は相当数の新車の登録が進む見込みであることがわかりました。それに伴い中古車相場も秋口にかけて徐々に下落していくと予想されています。ただし、相場高騰のきっかけとなった「大手メーカーの生産停止」や「国外の情勢悪化」など、想定外の外的要因により相場高騰が続く可能性もありますので、相場に関する情報は特に敏感に確認するようにしましょう。

より詳しい中古車相場情報を手に入れ、ビジネスをさらに成長させませんか?
symphonyをご利用いただくと、販売実績をもとに算出した中古車相場をご確認いただけます。
また、蓄積した中古車相場データからAIが自動で適正価格を算出するプライシングサジェスト機能を活用することで、需要と供給のバランスが取れた価格設定を瞬時に出すことができます。

資料を見る

中古車情報サイトの動向(2024年5月)

2024年5月の中古車情報サイト(車選びドットコム)での中古車販売台数を紹介いたします。以下のグラフの黄色い棒グラフに着目していただくと、前年や前々年から増加していることがわかります。しかし、青いグラフの「新車登録台数」が前年に比べて減少しています。

※過去25ヶ月の自動車販売市場と中古車情報サイト「車選びドットコム」の市場動向を比較しています。
※「車選びドットコム」の市場動向は、加盟店専用レポートからの抜粋のため、詳細数値は非公開としています。

国産車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、国産車の2024年5月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

国産車のボディタイプ別ランキングでは、軽自動車が1位となりました。シェア率はほぼ変わらず、全体の1/3程度のシェアを維持しています。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 軽自動車 31.8% -0.6%
2位 ミニバン/ワンボックス 16.8% +0.9%
3位 コンパクト/ハッチバック 13.8% -0.1%
4位 軽バン/軽ワゴン 9.0% +0.5%
5位 セダン/ハードトップ 6.7% +0.0%

車種別販売ランキング

国産車の車種別ランキングではプリウス(トヨタ)が1位となりました。4月は3位だったプリウスが1位の座を取り返しました。そのほかN-BOX(ホンダ)が8位から4位へ、N-BOXカスタム(ホンダ)が10位から5位へ一気に順位を上げました。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 プリウス(トヨタ) (前回3位)
2位 セレナ(日産) (前回2位)
3位 エブリイ(スズキ) (前回4位)
4位 N-BOX(ホンダ) (前回8位)
5位 N-BOXカスタム(ホンダ) (前回10位)
6位 タントカスタム(ダイハツ) (前回1位)
7位 タント(ダイハツ) (前回6位)
8位 アクア(トヨタ) (前回11位)
9位 ステップワゴン(ホンダ) (前回15位)
10位 ハスラー(スズキ) (前回圏外)

輸入車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、輸入車の2024年5月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

輸入車のボディタイプ別ランキングではコンパクト/ハッチバックが1位となりました。5月は、SUV/クロカンがシェア率を伸ばし、逆にセダン/ハードトップやクーペがシェア率を落としました。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 コンパクト/ハッチバック 31.6% -1.3%
2位 SUV/クロカン 22.2% +5.4%
3位 セダン/ハードトップ 14.8% -2.1%
4位 ステーションワゴン 12.9% +1.3%
5位 クーペ 9.7% -2.2%

車種別販売ランキング

輸入車の車種別販売ランキングではミニ(BMW MINI)が1位となっています。これまでランキング圏外が多かったカングー(ルノー)は前月に引き続き、5位に落ち着きました。先月8位だった500(フィアット)が2位に入っており急激に順位を上げ、上位にランクインしました。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 ミニ(BMW MINI) (前回1位)
2位 500(フィアット) (前回8位)
3位 ミニクラブマン(BMW MINI) (前回5位)
4位 ゴルフ(フォルクスワーゲン) (前回12位)
5位 カングー(ルノー) (前回4位)
6位 V60(ボルボ) (前回17位)
7位 ジュリエッタ(アルファロメオ) (前回圏外)
8位 ラングラー(クライスラージープ) (前回圏外)
9位 911(ポルシェ) (前回15位)
10位 ミニクロスオーバー(BMW MINI) (前回3位)

symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

車選びドットコムでは、symphonyをご利用いただいている加盟店に向けて、月に一度上記のレポートよりも詳細な小売データレポートを発行しています。各ボディタイプで人気の車種をご紹介している他、年式・走行距離・価格帯・カラー別での販売割合もご確認いただけます。

目まぐるしく変わる社会情勢に対して、常に変化が求められる昨今。データを分析して高速でPDCAを回して行く必要があります。
車選びドットコムでは20年以上の中古車情報サイトの運営実績で蓄積したノウハウを、中古車販売店の皆さまにご提供していますので、気になる方はぜひお問合せ下さい。

「symphony(シンフォニー)」では中古車販売店様に役立つ情報をお届けしております!
【中古車販売店必見】インボイス制度の解説と対応方法まとめ
中古車の支払総額表示義務化 | 変更内容と注意点を徹底解説
市場統計レポート2024年4月【車選びドットコム】

中古車販売をされている方へ

中古車販売店の多くが新規集客や単価向上に苦しんでいます。
インターネットの発達でお客様は簡単に価格やスペックを比較できるようになりました。
そんな中で中古車販売店様が利益を上げていくには、「露出アップ」と「車両情報の最適化」が必要不可欠です。また、付帯商品を使って単価向上したり、リピート顧客を確保したりするなど、するべきことがたくさんあります。

車選びドットコムの提供する中古車販売管理システム「symphony」では、車両の在庫管理から広告掲載、販売後の保証やアフターサービスまで、中古車販売に関するあらゆる業務をひとつでご利用することができます。

開業前の方は「開業前」とご記入ください

当社のプライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

中古車販売に必要なすべてを
「symphony」で。

お電話でも受け付けておりますので、
お気軽にお問合せください。

0120-122-960
0120-122-960
受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝定休)
ページトップに戻る