中古車市場統計レポート 2022年6月【車選びドットコム】

  1. symphonyホーム
  2. 中古車販売お役立ち情報
  3. 中古車市場
  4. 中古車市場統計レポート 2022年6月【車選びドットコム】

普通自動車の登録台数を発表している「自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)」と、軽自動車の登録台数を発表している「全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)」の統計データをもとに、新車登録台数と中古車登録台数の推移を紹介しています。

2022年6月における自動車登録台数の推移と、中古車情報サイト「車選びドットコム」の販売数推移から、中古車市場の動きを分析していきます。

当社の提供する中古車販売管理システム「symphony(シンフォニー)」では、車両の仕入から広告掲載、販売後のアフターサービスまで、これ一つで管理して頂けます。

詳しく見る
面倒な入力業務を省力化!「symphonyアプリ」リリース。詳しくはこちら。
面倒な入力業務を省力化!「symphonyアプリ」リリース。詳しくはこちら。
Chapter
自動車販売市場の動向(2022年6月)
中古車情報サイトの動向(2022年6月)
symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

自動車販売市場の動向(2022年6月)

2022年6月の新車登録台数は前月比125.4%、中古車登録台数は前月比109.2%という結果になりました。5月よりも登録台数が増加するのは例年の傾向通りですが、中古車登録台数の増加率は例年と比較すると少し低い水準となりました。

前年比を見てみると、新車登録台数は89.7%、中古車登録台数は93.6%という結果でした。新車においては12ヶ月連続、中古車においては13ヶ月連続となるマイナス推移となっており、特に新車は10ヶ月連続で10ポイント以上の減少を記録しています。

前年比の悪化が始まってから1年が経過してもなお、収束の気配はありません。半導体不足問題に解決の兆しが見えていないことが大きな要因だと考えられます。
またコロナによる影響で車の部品調達が困難になっている問題について、6月より自動車部品の製造が行われている上海のロックダウンが解除され、供給難の解消が見込まれていましたが、未だ改善の兆しはないようです。前年同月より新車・中古車登録台数が増加されるのはまだしばらく先になると予想されます。

自動車販売市場(2022年度)

2022年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 平均
新車登録台数 299,620 261,433 327,896 296,316
前年比 85.6% 81.9% 89.7% 85.9%
中古車登録台数 519,201 489,649 534,611 514,487
前年比 89.1% 97.8% 93.6% 93.3%

中古車情報サイトの動向(2022年6月)

2022年6月における中古車情報サイト(車選びドットコム)での中古車販売台数は前月から増加しました。増加するのは例年の傾向通りなので季節的要因だと考えられますが、前年と比較すると増加幅が大きく、昨年よりも売れ行きが良い結果でした。

※過去25ヶ月の自動車販売市場と中古車情報サイト「車選びドットコム」の市場動向を比較しています。
※「車選びドットコム」の市場動向は、加盟店専用レポートからの抜粋のため、詳細数値は非公開としています。

国産車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、国産車の2022年6月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

国産車のボディタイプ別ランキングは先月から順位の変動はありませんでした。上位5ボディタイプの販売割合を見ると、3位までのボディタイプ のシェア率が低くなっており、4,5位のボディタイプのシェア率が高くなっています。
なお、2022年1月には39.6%を占めていた軽自動車ですが、今月に至るまで毎月シェア率が下がり続けています。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 軽自動車 31.5% -1.3%
2位 ミニバン / ワンボックス 17.3% -0.2%
3位 コンパクト / ハッチバック 12.6% -1.0%
4位 軽バン / 軽ワゴン 10.7% +1.9%
5位 セダン / ハードトップ 6.6% +0.2%

車種別販売ランキング

国産車の車種別ランキングを見てみると、セレナ(日産)、エブリイ(スズキ)、プリウス(トヨタ)、ワゴンR(スズキ)、と、上位4車種は変わらない結果ですが、順位が少し変動しました。しかしその中でもセレナは2022年3月から1位を維持し続けています。
前月10位以下で上位10車種にランクインした車種は2つで、今月も前月に引き続き全体的に変化の少ない月だったと言えます。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 セレナ(日産) (前回1位)
2位 エブリイ(スズキ) (前回4位)
3位 プリウス(トヨタ) (前回2位)
4位 ワゴンR(スズキ) (前回3位)
5位 タント(ダイハツ) (前回6位)
6位 ハイゼットカーゴ(ダイハツ) (前回8位)
7位 タントカスタム(ダイハツ) (前回5位)
8位 アルトラパン(スズキ) (前回11位)
9位 ステップワゴン(ホンダ) (前回7位)
10位 ライフ(ホンダ) (前回圏外)

輸入車の中古車販売傾向【人気ランキング】

「車選びドットコム」の市場動向から調査した、輸入車の2022年6月中古車販売傾向を紹介します。

ボディタイプ別販売ランキング

輸入車のボディタイプ別ランキングも順位に変動がありませんでした。4位のステーションワゴン以外は、前月とシェア率を増加させたものは減少し、減少したものは増加しています。ステーションワゴンのみ2ヶ月連続で減少傾向しており、今年に入ってから最も低いシェア率を記録しています。

順位 ボディタイプ 割合 変動率
1位 コンパクト / ハッチバック 32.5% +1.9%
2位 SUV / クロカン 16.9% -1.4%
3位 セダン / ハードトップ 13.2% -4.1%
4位 ステーションワゴン 11.8% -0.6%
5位 クーペ 11.2% +0.4%

車種別販売ランキング

今月も毎月同様1位はミニ(BMW MINI)でした。2位のゴルフ(フォルクスワーゲン)と3位の500(フィアット)は順位を入れ替えています。4位のミニクラブマン(BMW MINI)も変わらずという結果です。
一方、5位以下の車種は全て前月11位以下からのランクインとなっており、前月から引き続き輸入車は人気車種の入れ替わりが激しい結果となりました。

順位 車種(メーカー) 順位変動
1位 ミニ(BMW MINI) (前回1位)
2位 500(フィアット) (前回3位)
3位 ゴルフ(フォルクスワーゲン) (前回2位)
4位 ミニクラブマン(BMW MINI) (前回4位)
5位 ザ・ビートル(フォルクスワーゲン) (前回8位)
6位 116i(BMW) (前回圏外)
7位 パナメーラ(ポルシェ) (前回41位)
8位 911(ポルシェ) (前回13位)
9位 カングー(ルノー) (前回15位)
10位 ジュリエッタ(アルファロメオ) (前回圏外)

symphonyは中古車販売店様の経営活動を応援します

車選びドットコムでは、symphonyをご利用いただいている加盟店に向けて、月に一度上記のレポートよりも詳細な小売データレポートを発行しています。各ボディタイプで人気の車種をご紹介している他、年式・走行距離・価格帯・カラー別での販売割合もご確認いただけます。

目まぐるしく変わる社会情勢に対して、常に変化が求められる昨今。データを分析して高速でPDCAを回して行く必要があります。
車選びドットコムでは15年以上の中古車情報サイトの運営実績で蓄積したノウハウを、中古車販売店の皆さまにご提供していますので、気になる方はぜひお問合せ下さい。

中古車販売をされている方へ

中古車販売店の多くが新規集客や単価向上に苦しんでいます。
インターネットの発達でお客様は簡単に価格やスペックを比較できるようになりました。
そんな中で中古車販売店様が利益を上げていくには、「露出アップ」と「車両情報の最適化」が必要不可欠です。また、付帯商品を使って単価向上したり、リピート顧客を確保したりするなど、するべきことがたくさんあります。

車選びドットコムの提供する中古車販売管理システム「symphony」では、車両の在庫管理から広告掲載、販売後の保証やアフターサービスまで、中古車販売に関するあらゆる業務をひとつでご利用することができます。

中古車販売に必要なすべてを
「symphony」で。

お電話でも受け付けておりますので、
お気軽にお問合せください。

0120-122-960
0120-122-960
受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝定休)
ページトップに戻る